螺鈿紫檀五弦琵琶

「一目見たい」と小学生の頃からずっと思い続けていましたが、ついに夢が叶いました✨

東京国立博物館で開催されている「正倉院の世界」を見に行ってきました。

本当は先週あたりに行くつもりでいたのですが、家庭の事情で今日になってしまいました。
一人で行けるなら、展示期間半ばとか雨天の日とかを狙うんですが、持病の関係で今も一人では徒歩圏以外の外出は不可能なもので、日程の調整は難しいてす。

前期展示の終わりが近い所為か、メチャクチャ混んでいました💦

チケットは持っていたので、チケット売り場では並ばずに済みました。
でも、平成館に入るのに並んで約1時間待ちです。

その間こまめに列が動いていたから良かったものの、動きが悪かったら途中で倒れていたかも知れません。
動きがないまま待つストレスは大敵です。
ちょうど良い風があったのは救いだったけど、日差しは結構きつくて堪えました。。

入場制限を抜けて、やっと中に入れても、序盤は人混みが凄かったです。
入ったばかりの人が、皆、そこに溜まってる感じ😖

写経とか目録とかの類は、隙間から覗き見る程度にして先に進みました。

香木や香炉の類は、若干、人がバラけて来てたので、それなりに近くで見られました。

そして肝心の「螺鈿紫檀五弦琵琶」は、目玉展示品だけあって、やっぱり人が群がってました。
それでも頑張って人混みに飛び込んで、ぐるりと一周、間近で見て来ました💓

そこへ行くまでに何度めまいに襲われようとも、これを見ない訳にはいきません。
LUNAは、これを見る為だけに「正倉院の世界」特別展に行ったようなものなんです。
「仁和寺と御室派のみほとけ」の時の、葛井寺の千手観音の比ではありません。

ここで途中退場なんてしたら、死んでも死に切れない!

そんな訳で、中の椅子が全部シニアに占領されて、途中で座ることが出来なかろうとも「螺鈿紫檀五弦琵琶」を見るまでは気力を振り絞りました。
そして「螺鈿紫檀五弦琵琶」を見てからしばらくの間は、その感動によってチャージされた気力で耐え続けました。

でも、MUSEUM SHOPの人混みに耐えるだけの気力は残っていませんでした。
「螺鈿紫檀五弦琵琶」のポストカードとかがあったら買おうかと思ってたんですけどね。
探せる状況ではありませんでした。

公式図録も買おうかと思ってたんですが、これも取りやめ。
レジが凄く並んでたけど、どうしても欲しければ公式サイトから通販って方法はあるんですけどね。
見本を見たところ、LUNAにとってはコストパフォーマンスが悪過ぎます。

正直なところ、不安症状には何度も襲われつつもどうにかコントロール出来たようで、発作が起きなくてホッとしました。
でも、頑張って見に行ってきた甲斐がありました😃


[関連記事]
「仁和寺と御室派のみほとけ」特別展

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント