【更新】変説童話「美女と野獣」(忍千)

<月光宮>
・Novelsに遙か創作アップ
 「数多の書」(童話)に変説童話「美女と野獣」(忍千)をアップしました


今回の更新は、前回の更新時に此処で予告(?)していた「数多の書」にはなったものの、柊小話ではなく変説童話となりました。
書きかけのものをいろいろ見返していて、こちらが先に仕上がりました。

これも時期の設定らしいものは特にないので、いつでもアップ可な為に推敲に次ぐ推敲で踏ん切りがつかずに何時しか放置されていた内の一作です。
どうせなら「禁断の書」と一緒に……なんて思ったりもしましたが、3連休でアクセスアップが狙えるかも知れない、などという欲が出て、更新に漕ぎ着けました。


「美女と野獣」を元にしてはありますが、ストーリーは殆どオリジナルです。
ヒロインは美女と言うより美少女だし、ヒーローは”醜い野獣”ではなく”美しい魔獣”です。
美の基準のあくまで主観的なものですが……(*^_^ ;)


『ちょー美女と野獣』の影響で忍人さんが魔獣となりましたが、さすがに忍人さんはジオさんみたいに万事受け身とはなりません。
ああ、でも、あの天下一品の間の悪さはちょっとだけ引き継いでしまったかも……。
もっとも、そのおかげでハッピーエンドなんですけどね(#^.^#)


忍人さんを野獣ポジションに据えた際、真っ先に浮かんで来たのが千尋達との出会いのシーンです。
「軽率だな」「俺が敵なら君達は死んでいた」って……どんな時でもお説教。
ぃや~、もうっ、忍人さんと言ったらコレでしょう(^o^;)


ですが、その先やら前やらには苦しみました。
前はともかく、先。それも終盤。

忍人さんがどうして魔獣になったのか。

原作みたいに心が醜かったなんてあり得ないし、ジオさんみたいに祠を壊したと思われたりなんてしないだろうから「変説童話 白雪姫」の羽張彦みたいに神の怒りに触れさせる訳にもいかないし……となれば、ジオさん同様、誰かの恨みを買うしかないよね?

と言う訳で、エイカにご登場願いました。
内情はともかく、舞台設定はゲームの内容を踏襲し、呪いも敵から直接かけられたものではなくなりました。


そうやって無理に書き上げなくても良いと言われればそれまでなんですが……最初に浮かんだあのシーンをお蔵入りにするのが勿体なくって、殆どそれだけの為に仕上げました(*^_^ ;)


さて、次は「禁断の書」です。
今月中に仕上げてアップ出来なければ、この話の公開は翌年に持ち越し。
アップしてしまえば時期なんて関係なくても、やっぱり時期合わせはしたいし、そうでもしないと踏ん切りがつかないもので……(*_*;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント