白虎、死す

iMac G5の『白虎』が再起不能になりました。
夕べまでは問題なく動いてたのに、一夜明けたら起動中に停止するようになってしまいました。
リンゴマークが出て歯車もどきが回り続け、画面がチラつきながら画面がメッシュ状に、背景色が赤・青・緑・紫といろいろ変わり、そしてフリーズ(-_-;)

dynabookの『アレス』であれこれネット検索して、いろいろ試しました。

・cmd+opt+P+RでPRAMリセット
  → 変化なし
・shiftキーを押しながら起動してセーフモード
  → 変化なし
・Cキーを押しながら起動して、CDからの起動
  → 変化なし
・CD入れといて、cmd+opt+shift+delで外部システムからの起動
  → メッシュが荒くなっただけ

CDからも起動できないとなると、これは壊れたか……と、調べ物の方向を変えて、修理について検索かけてみましたら、サポートページはあっさり見つかりました。
その結果、修理不能であることがあっさり判明しました。
5年以上前の製品だから、修理は受けつけていないそうです(/_;)
保証書によると、平成16年購入だもんなぁ(溜息)

買い替えるとなると、問題は金!
以前の半額近くになったと言っても、プー太郎に10万ちょっとの出費は痛すぎます。

それにLionという新しいOSが近日発売予定。
今買った場合は無料でバージョンアップ出来るらしいけど、それも期間限定サービスだし、まだ詳しいことは不明です。
OS再インストールが発生した時にどうなるのか、不安で堪りませんね(-"-)

買い替えに踏み切る前に、一縷の望みをかけてサポートに電話してみましたが……ダメ押しをされただけで終わりました。
ネットで調べて試した方法以外で打てる手はなく、機械的に壊れているという判断が覆ることはありませんでした。

とりあえず、『白虎』には作業机から降りていただいて、買い替えるか、当分はWinノートだけで過ごすか、よ~く考えることにします(@_@。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント