ドライバのインストールが無限ループ!?

先月の終わりに地デジ対応のテレビを入手しつつもアンテナの関係でアナログとNHK BSしか受信出来ずに居た我が家でしたが、ついに先週、光テレビが開通して地デジが見られるようになりました。
ついでに、スカパー光セレクションパックも申し込んでおいたので、スカパーも見られるようになりました。
でも、受注したオペレータさんの手配ミスでひかり電話の工事の人が無線LANカードを持って来てくれなかったので、Winノートのリーフ様でしばらく無線LANが使用不可となってしまいました。

無線LANカードが届いた先週末、いそいそとユーティリティやドライバをインストールしようとしたのですが……他の無線LANデバイスのドライバが入ってる場合はアンインストールしろと言う注意事項が取説に書かれていました。
そこで、先日まで使っていたWeb Custarのドライバをアンインストールしようとしたところ、「スタートメニュー」ー「プログラム」からユーティリティにアクセスしても「コントロールパネル」ー「アプリケーションの追加と削除」で削除ボタンを押しても、「必要なファイルが見つからない」と言ってアンインストールされてくれないのです(-_-;)

こうなったら、直接フォルダを削除して無効にしてやろう、とインストール先となっていたフォルダを削除してみたのですが……後から思えば、これが間違いの元でした。
そうとは気づかずドライバを削除出来たと思い込んだLUNAは、SC-32SEのユーティリティとドライバのインストールを開始しました。

ところが、ユーティリティは途中まで快調にインストールされたものの、画面の指示に従って無線LANカードを挿入したところからWinリーフ様が挙動不審となったのです。
「新しいデバイスが見つかりました」とメッセージが出て自動でドライバのインストーラが走って次々と画面が切り替わってインストールを終えた、と思ったらまた「新しいデバイスが見つかりました」から繰り返し。
最初は何度か繰り返されて終わるのかと思っていたのですが……どうもそうではないらしい、と気づいたのは、ファイルコピーの画面で同じファイル名が表示されてるのが目に留まったときです。目を凝らしてコピー先のフォルダや、その前の画面でドライバファイルの検索先のフォルダ指定をしている画面に自動入力されパスを目を凝らして見てみると、やはり同じパスなのです。
どうやら、ドライバが正しくインストールされてくれないために、挿入したSC-32SEをいつまで経っても新しいデバイスと認識してしまうらしいです。

とりあえずドライバのインストールをキャンセルして、手動でドライバのインストールを試みましたが、今度は自動で走ってた際に指定されていたフォルダを指定しても「必要なファイルが見つかりませんでした」で失敗しました。
何度か、ユーティリティをアンインストールしたり、再起動したり、セーフモードで起動してAdministratorでインストールを試みたりしてみたのですが、上手くは行きませんでした。
セーフモードでのインストールでは、カードを挿入を促される以前のサブプログラムの実行中にフリーズする始末p(>_<)q

こんなことは初めてだったので、対処方法や原因について書かれたサイトが無いものか、既に有線で問題なくネットに繋がっているMacからいろいろ検索をかけてみたのですが、まったく情報なし。
こうなったら仕方が無い。可能な限り避けたかったけど、NTTのサポートに電話で聞いてみよう(溜息)

おぉっと、その前にWinリーフ様を電話の近くに運んで、ついでに有線でルータに繋いでおくべし!!

電話は結構あっさりと通じたのですが、話はあっさりとは行きませんでした。
改めて半端にインストールされたユーティリティのアンインストールを勧められ、ワンステップずつ指示に従って操作して、結果としては既に何度も試みた操作をまた繰り返しただけに終始しました。
サポートの人もこんな現象は初めてで原因の特定が出来ず、インストールに失敗する場合のよくある原因を挙げてくれたものの、どれも問題ないかのように思われます。
勿論,一番怪しいのはWeb Custarのドライバのアンインストールなのですが……セットアップCDを返してしまったのでフォルダをガスッと削除した、と言うLUNAの話に、これも問題なさそうだとの回答でした。
最終的には、ハード面の問題だかどうかの切り分けのため、メーカーにこんな現象が起きた例が無いかどうか問い合わせてみて下さい、と言われました。

メーカーに問い合わせるとなると週末は無理です。
当日はサポートとの電話を終えた時点で既に終業してましたし、翌日は用事があってメーカーの問い合わせ受付時間内に落ち着いて電話をする時間が取れません。
そこで、とにかくメーカに電話した際に「再セットアップして下さい」と言われてその場で再セットアップを実行する羽目になった時のために、ファイルのバックアップを取っておくことにしました。

さてバックアップを取り終えて、再セットアップする羽目になった時のための心の準備をしてしまうと、「今以上におかしくなったところでいざとなれば再セットアップすればいいさ」なんて肝が据わってしまうもののようです。

サポートの人から、「CDが2枚あるならもう1枚の方で試してみるとか、あるいはネットからCDのファイルをダウンロードして試してみるとか……」と言われたことを思い出して、ふと思いつきました。
実は電話を切った後ですぐにダウンロードしたCDファイルでも試しても同じ結果となったのですが……SC-32SEのCDファイルがサポートページにあったのなら、Web CustarのCDファイルもあるのではなかろうか?

そんな訳で一夜明けてサポートページを探してみましたら、案の定、ありました~!(^o^;)
元はと言えば、このファイルが手元に無かったがために正しくアンインストールをすることが出来なかった訳です。
この際、1度上書きインストールでもしてみてから改めてアンインストールすれば、どこかに半端にファイルが残ってたとしても削除されてくれるのでは…?
そんな期待を胸にWeb Custarのセットアップを実行してみたら……セットアップ画面で「削除」が選べるじゃあないっすか!?
勿論、「削除」を選んで実行してみました。
すると、拍子抜けするくらい簡単にアンインストールが終了しました。
そして改めてSC-32SEのセットアップをしてみると、カードを刺した後、これまた拍子抜けするくらい簡単にドライバのインストールが正常に終了しました(^_-)b

う~ん、やっぱりWindowsはこっちの与り知らないところにファイルを書込んでくれてるのね(-_-;)
Macならインストール先のフォルダをザックリ削除してしまえば済むし、システムフォルダに置くべきファイルも手動でコピーするからアンインストールも簡単なんだけど…。
教訓:インストーラを使ってインストールしたものは、同じくインストーラを使ってアンインストールすべし

さて、目出たく無線LANが開通したところで、「こちらでも情報を探して、何か解ったら連絡させていただきます」と言ってくれたNTTのサポートに一報しておくべきだろうな。
サポートに「解決しました」って連絡を入れる人が居るのかは少々気になるところですが、放っておいたらNTTは調査を続けることになりかねないし、LUNAと同じ過ちをした人から問い合わせがあった時に困るだろう。
余計なお世話かも知れないけど……LUNAの「解決しました」の言葉に締めに入ろうとするオペレータさんに、解決に至った経緯を半ば強引に連絡しておきました(^o^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント