100円の重み

昨日、ブックオフにCDラジカセを売りに行って来ました。
ボディを風呂敷で包んだCDラジカセを抱えて、エッサホイサと歩いて行きました。

ブックオフがあるのは、昔通ってた高校の真ん前。
以前は、6時限分の教科書・ノート、筆記用具に弁当の入ったカバンと水筒を持って通った道です。
2年生の途中からは闇チャリで、3年の時はチャリ通学だったので、徒歩で通ったのは大体1年間程度と雨の日くらいでしたが……行きは25分以上、帰りは大抵23分(最短16分)の道のりです。行きと帰りの時間差は足取りの重さにかなり影響されているものと思われます(^_^;)

回転するCDの影響で踊り出さないように重く出来てるからか、CDラジカセの重さは結構堪えました。
しかも、当然のことながらCDの直径以上の奥行き(持ち手を掴んで下げた状態だと幅?)があるので、普通に下げて持つとアンテナが足に当たります。
何度も左右持ち替えたり、両手で持って胸元へ引き上げたりして運びました。
さすがに30分以上掛かりましたね(汗;)

ブックオフで査定を受けてる間、店内を見回って他に売れそうなものがないか探してみました。
前々から売りたくて仕方のないフォークギターがあるのですが……モーリスの中古アコースティックギターって、店頭価格1万~2万円かぁ。それじゃあ、買値は1000円くらい?
もしかしたら、もうちょっと高く買ってくれるのかも知れませんが、とりあえず古本屋にマンガを売りに行くと大抵は店頭価格の10分の1くらいの買値でした(-_-;)q
とにかく、店頭価格がこれってことは、どうあがいてもそれ以下の値しか付かない訳です。
5万くらいで買ったのに……。
その上、あの重くて嵩張るギターを30分以上掛けて運んでそれは辛いなぁ。

そんなことを考えながら店内を巡ってるうちに、査定が終了しました。
CDラジカセに付いた値段は100円。
買った時の値段は多分1万円前後。
でも前回50円で売った、8万円で買って2万円で修理したビデオデッキよりはマシ?
そもそも持って帰りたくないし、ここで売れなかったら翌日(つまり今日)無料回収に出されることに決まってたので、喜んで100円受け取って帰って来ました。

そして今日、腕が筋肉痛です。
既に昨日の時点で帰宅後しばらくは手が震えてましたけど……とっても重い100円でありました(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント