手数料ぼったくり~!!o(>_<)o

郵便局が民営化されて、冊子小包が「ゆうメール」と改名されて追跡サービスが付いたと知って「偉いぞ」と思ったのはつい先日のこと。
もっとも、追跡サービス用の番号はあっても"受付"以降の動きが全く追跡出来ないまま届くので、送達確認程度にしか役立ちませんが……まぁ、佐川急便並だな(呆)

それでも、一応はサービス向上かと思ってたのです。
でもでも、今日、雑誌の応募者全員サービスに応募しに行って一気に郵便局の評価は下落しました。

全サの友、定額小為替の発行手数料が「ざけんじゃねぇっ!!」ってレベルに値上がり。
これまで10円だった手数料が何と100円っすよ!!(怒)
最高額の1000円でさえ、手数料が額面の1割。
50円の為替を発行しようものなら、手数料は額面の2倍。
一体、どんな手数がかかってるの!?
帳面から切り取って日付印押して局用控えとお客様用控えと送付用為替に分離してるだけじゃん。それって、今までと変わらないよ。
どう見たって,民営化されて手数が10倍になったようには思えません!!(怒)

郵便振替の手数料もかなり上がりましたね。
以前は窓口でも60円で済んだのに、今は自分でATM操作して80円。

せめて窓口の対応が良くなってりゃ多少の救いはあるのですが……最寄りの郵便局の局員は相変わらずダメダメです。
あて名変換付ポスパケットの料金調べるのに何分掛かってるの?
ポスパケットは全国一律400円、あて名変換の加算料金は150円だよ(苦笑)
どちらも民営化で新しく始まったものではなく、以前からあるサービスです。
更に言えば、私は半年前にこの局からあて名変換付ゆうパックを発送してます。
その時も随分手間取ってたけど……「宛先の住所氏名がないけど…」とか言って来る局員に私が説明して、局員が3人くらいで右往左往しながらファイルひっくり返して対象サービスのマニュアル探して、やっと手続きした覚えがあります。
その後、その時の経験が生かされてないのね(呆)
滅多に出ないサービスでオロオロしたなら、局内に周知しとこうよ。
それでなくても、今日の担当者に質問されて一緒にオロオロしてた局員、あんた、あの時の担当者じゃん(-_-;)

そもそも、あて名変換はともかく、ポスパケットを知らなかった今日の担当者は弛んでます。
「ポスパケットって何ですか?」だとぉ!?
オプションサービスはともかく、基本サービスくらいは名前を把握しておけよ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント