月と風が出会う空間

アクセスカウンタ

zoom RSS 【更新】忍千小話「里帰り」

<<   作成日時 : 2015/01/24 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<月光宮>
・Novelsに遙か創作アップ
 「忍人の書」(大団円)に忍千小話「里帰り」をアップしました


久々の葛城家シリーズです。
「お手玉」から始まったMY設定バリバリの過去&家族構成捏造小話で、ついに御母堂様と妹姫達が登場。

現時点での葛城家シリーズのラインナップは「お手玉」「迷妄」「微妙な立場」「確執」「春賀宴」となっています。
他の小話でも同設定や上記作品の流れを引用しているものはありますが、一応はっきりと同シリーズとしているのはこの5作品だったかと思います。


一番上の大姫は、忍人さんに良く似た美姫です。
衣合せより剣を振るう方が好きな、男勝りのお姫様。腕前はなかなかのものです。
おかげで世の男達が弱々しく見えて、まだ婿が決まっていません。

中姫はお姫様らしいお姫様で、中身はとってもしっかりしています。
稚気の抜けない母や内に籠らぬ姉姫に代わって、貴人をもてなすために様々なことを取り仕切る賢姫です。
大姫も、やろうと思えばビシバシ采配振るえますけど、中姫が出来るようになったらお任せモード。
こちらも縁談は山程舞い込むものの、大姫が女剣士の道を驀進しちゃいそうなので、他家へ嫁にやる訳にもいかず全て保留中。

小姫は、まだ幼いので、あくまで中姫のサポートに徹しています。
でも、歳の割にはしっかりしています。


今回のお話は、「大好き」の続編にも当たります。
あれで柊が随分と頑張らなくてはならなかった理由が、ここにあります。

で、その柊はお留守番。
出番は冒頭だけです。


でも、柊は台詞あるだけ良いですかね。

忍継くんなんて、居ることは居るけど全然台詞ないし……御母堂様が忍人さんと見間違えなければ、本当に存在が危うかったです。
ラストでは極一部ではない方に分類されているのですが、終始無言で…(^_^;)q


尚、ラストの極一部の者の筆頭は、勿論、御母堂様です。
小姫と中姫がどちらに入るかは、ご想像にお任せします。




遙かなる時空の中で4(通常版)
コーエー
2008-06-19


Amazonアソシエイト by 遙かなる時空の中で4(通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【更新】忍千小話「里帰り」 月と風が出会う空間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる